Blog&column
ブログ・コラム

ヘアカラーで髪が傷む原因は?

query_builder 2024/05/15
コラム
44
「ヘアカラーをしたいけど、なるべく髪を傷めたくない」という方は多いです。
そこで今回は、ヘアカラーで髪が傷む原因を解説していきます。
ぜひ、ヘアカラーを行う際の参考にしてみてください。
▼ヘアカラーで髪が傷む原因
■アルカリ剤が入っているから
ヘアカラーには、浸透力を高めるためのアルカリ剤が入っています。
この成分は髪の表面のキューティクルを開いたり削ったりして、髪内部にカラーを浸透させていきます。
アルカリ剤の働きは、髪にダメージを与えます。
■美容師の技術に個人差があるため
カラーを塗る際にクシ・ハケで優しく施術しないと、髪が傷んでしまいます。
技術力の高い美容師だと、髪が傷みにくい施術をしてくれるでしょう。
■市販のヘアカラーである
市販のヘアカラーは、美容室の物に比べるとアルカリ剤の含有量が多い傾向にあります。
よって、美容室のヘアカラーよりも髪が傷みやすいです。
▼髪の傷みを最小限にするには
ヘアカラーの髪の傷みを最小限にするには、アルカリ剤の少ない薬剤を使っている美容室を利用しましょう。
またトリートメント・髪質改善など、ダメージを補修する施術メニューがある美容室もおすすめです。
▼まとめ
ヘアカラーで髪が傷むのは、次のような理由があるからです。
・アルカリ剤が入っている
・美容師の技術に個人差がある
・市販のヘアカラーである
髪の傷みを抑えながらヘアカラーをしたい方は、上野の美容室『スタジオワコー』にご相談ください。
ダメージレスカラー・髪質改善メニューにより、美しい髪へと導きます。

NEW

  • ご新規限定◎梅雨時期限定¥3300オフ!【ホームケアトリートメントプレゼント付】梅雨を乗り切ろう!

    query_builder 2024/06/06
  • 梅雨時に向けて

    query_builder 2024/05/24
  • query_builder 2024/05/03
  • おとなのヘアカラーチェンジ

    query_builder 2024/04/15
  • ハイブリッド髪質改善

    query_builder 2024/04/05

CATEGORY

ARCHIVE